検索

当店限定販売 Official Goods!!


レポート一覧 > KAI インタビュー

取材レポート

掲載日:2012/4/19

オペラ歌手になるのが夢でした
KAI インタビュー

「韓国エンターテインメントの世界展3」の2日目にゲスト出演してくれたKAIさん。

ソウル芸術高校を首席で卒業後、ソウル国立大学の声楽課の学部課程と大学院を修了し、カラーを発揮できる音楽の道(クラシカル・クロスオーバー)に進んだ美声の持ち主。
BS11『韓ラブ』のテーマ曲にも決定し、万を持して日本デビューを果たすアーティスト・KAIのインタビューです。

KAI インタビュー

Q:(近鉄百貨店「韓国エンターテインメントの世界展」での)イベントはいかがでしたか?

とっても楽しかったですし、沢山の方が愛を送って下さったのでとても感謝しています。

Q:大阪は初めてですか?

2回目です。数年前に大阪音楽祭に来たのが初めてです。来る度に新しい印象があります。


Q:今日大阪のファンの印象はいかがでしたか?

とても皆さん明るいですし、最初に声をかけて下さるあたたかさを感じました。

Q:明日はファンミーティングですが、特別に準備されたことはありますか?

特に準備したことはありませんが、時には友達の様に、時には恋人の様に過ごしたいと思います。

Q:オペラ歌手になるのが夢だったとおっしゃられましたが、いつ頃からそのような夢をお持ちでしたか?

とても小さい頃からオペラ歌手になる夢を持っていました。お母さんが音楽の先生でしたので、沢山のオペラを聞かせてくれていました。自分でも知らないうちにオペラを聞くたびに感動したり、驚きを感じたりしていました。そして実際に声楽家になって、オペラ歌手を目指そうと思ったのは中学生の時でした。ですので、高校もそういう高校に進学しました。その頃は音楽がないと寂しい人生になるのではないかなという気がしました。本格的に勉強したのは、高校生になってからです。

Q:アイドルではなくオペラ歌手だったのですね。

友達はとても珍しいと思っていたみたいですね。

Q:日本は今K-POPブームですが、「アイドルもいいな〜」と思われたことはありませんか?

私ですか?年が上すぎますね…。私の周りの友達や後輩にアイドル歌手が沢山いますが、年齢は関係ないかなと思います。仕事に情熱を持って、一生懸命努力されていますので、そういう人を見ていると年齢は関係ないのだなと思いますし、私も学ぶことが多いなと思います。ダンス音楽でもヒップホップでも学ぶことは多いです。

Q:声が素敵ですが、普段気を付けていることはありますか?

運動を一生懸命しています。いつも体が動けるように努力しています。お酒もタバコもしません。

Q:先程ダイエットをされたとおっしゃられましたが、具体的にどのような運動をしてダイエットされたのですか?

とにかく走ることです。夏にはカバンの中にランニングシャツを10着ぐらい入れて、すぐに着替えられるように。とにかく走りました。

Q:食べ物とかはいかがですか?

あこんな話をしているとダイエット講師みたいですよね(笑)。食事を抜いたりとかはせずにきっちりと食事していました。いまでも朝ご飯はきっちり食べます。


Q:日本のデビューが決まった時のお気持ちはいかがでしたか?

本当に嬉しかったです。自分自身まだまだ未熟だと思っているので、私が日本で活動できるかどうか心配もありました。でもダイエットした時の気持ちで、一生懸命頑張れば出来ると、頑張れば自分の気持ちは伝えられるのではないかと、そういう勇気を持つようになりました。本当に嬉しかったですし、心地よいプレッシャーを感じながら、努力をして今まで準備してきました。

Q:日本のファンの皆さんにはどのようなところを見てほしいですか?

そうですね。私は、一方ではとてもシリアスな人間で、もう一方ではとても軽い人間なんです。その軽いというのは、あまりにも成功にこだわったりとか、一つだけに振り回されるというのはよくない人生だと思うので、考えないようにしています。自分自身は平凡に、私の歌を聞かせる時も、大きなショーを見せていると言う気持ちではなくて、普段感じている小さな感情、例えば喜びや悲しみを語りかけるように、会話するように皆さんと分かち合いたいなという気持ちです。

Q:普段オペラを聞かれていると思いますが、オペラ以外でどんな音楽を聞かれていますか?

いろんなジャンルの音楽を聞くように努力しています。『クロスオーバー』という言葉がもっている意味がまさにそこにあると思います。互いに違う者同士が出会って、新しいものが誕生していくという事ですので、出来るだけそれぞれの音楽の長所を逃さないように、しっかりと受けとめようと思っています。BigBangの曲から小田和正さんの曲まで、いろんな音楽を聞くように努力しています。それぞれの音楽の長所を書き留めておいて、ここは学ぶべき点だなと思って努力しています。

Q:日本の歌手の方もよく聞かれるのですね。

沢山ではないですが、小田和正さんの「さよなら」はとても感動的で、彼がもっている情熱を感じることができて良かったですし、桑田佳祐さんの音楽も聞いていると年輪を感じさせると言うか、心の中に深い感動が伝わってきます。

Q:日本デビューと言うことで、日本語の勉強もされておられますか?

日本語の勉強は始めてから1ヶ月少したったところですが、難しいですが、楽しいです。韓国語と似たところもあって、楽しく勉強しています。次に来た時にはもっと沢山の事が日本語で話せるようになればいいなと思います。

Q:最近覚えた日本語は?

沢山ありますよ。「失礼ですが…」とか…。

Q:今後の活動予定を教えてください。

韓国では新しいアルバムを出す計画があります。5月になるか6月になるかまだはっきり分かりませんが、アルバムが出る予定です。歌手の活動の他にもミュージカルもやっています。新しいブロードウェイミュージカルに出演する予定があります。KBSのラジオのDJもやっていますが、そちらも引き続きやっていく予定です。日本では5月30日にシングルが出ますので、それに合わせて日本のファンの皆さんと一緒に美しい音楽をお届けできるように準備していますし、頻繁に皆さんにお会いできたらと思っています。


KAI 関連商品

Kai 2集「KAI in ITALY (Special Edition)」CD

本作にはポップペラ(POP+オペラ)歌手アンドレア・ボチェッリでも有名な「Time to say goodbye」をはじめ、映画音楽など親しみやすい楽曲が収録されている。
価格 :3,500円(税込)