検索

当店限定販売 Official Goods!!


レポート一覧 > チョン・ギョンホ インタビュー

取材レポート

掲載日:2013/3/26

除隊後、初の公式来日
チョン・ギョンホ インタビュー

ドラマ「ごめん、愛してる」「イヌとオオカミの時間」などヒット作への出演、そして最新作ではハ・ジョンウの監督デビュー作「ローラーコースター」の主演を務め注目を集めるチョン・ギョンホ。

除隊後、初の公式来日イベントとなるファンミーティング(『2013 チョン・ギョンホ OSAKA FAN MEETING』2013年3月17日)開催直前に、近況報告やファンへのメッセージを頂きました!

チョン・ギョンホ インタビュー

Q:大阪は初めてですか?

いえ。大阪は本当によく来ます。

Q:仕事でですか?

仕事でも来ますし、個人的にもよく来ます。


Q:最近ではいついらっしゃいましたか?

半月ほど前にも友達と来ました。温泉に行ったりしました。

Q:ファンミーティング前ですが、今のお気持ちはいかがですか?

久しぶりにファンのみなさんとお会いします。軍隊に入隊する前に東京でお会いしたのですが、久しぶりに皆様にお会いして、ご挨拶できるので、嬉しいです。楽しい時間を過ごせたらいいと思っています。

Q:昨年軍隊を除隊されて、ハ・ジョンウ監督のデビュー作に出演されましたが、この作品を選ばれた理由はなんでしょうか?

まず選んだというよりは、私にとっては非常に意味のある時間で、個人的にとても信頼している兄貴のようなハ・ジョンウさんから沢山のことを学びました。本当に私が愛している先輩です。一緒に作品を作れるということは、私にとってとても光栄で、以前大学に通っている時もとてもいい思い出がありました。選んだというより、私がこの作品に出演させて頂いたことがとても有り難く嬉しく思っています。

Q:今までに出演された作品の中で印象に残っている作品、役柄は?

どの作品も役柄もとても記憶に残っています。「ローラーコースター」が一番最近の作品ですので、いい思い出になっています。

Q:俳優になりたいと思ったのはいつごろからですか?

小さいころからです。私の父がドラマの監督をしているので…。

Q:もし俳優になっていなかったら、今ごろ何をしていると思いますか?

今まで一度もそういうことを思ったことはありませんでした。勉強していると思いますが…本当に一度もそんなことを考えたことはありません。俳優になっていなかったら…。俳優としてまだ一人前ではないので、恥ずかしいですが。

Q:今後どんな俳優になりたいですか?

視聴者の皆さんや、観客の皆さんにいつまでも支持していただける、演技の上手な俳優になりたいです。

Q:ご自身で御自身の魅力は何だと思いますか?

わかりません(笑)。


Q:お休みの日は何をして過ごされていますか?

皆さんと同じですよ。友達と会って、お酒を飲んだり、運動したり、釣りに行ったり、登山に行ったり。

Q:日本で行ってみたいところはありますか?

日本は…特にありませんね。全部行きましたから。本当にいろいろ行ってるので。


Q:日本がお好きなんですね。

もちろん大好きです。それに近いじゃないですか。

Q:もう一度行ってみたいところは。

北海道にもう一度行ってみたいですね。冬に。雪が沢山降っているとき。

Q:今後の活動予定を教えてください。

ドラマの撮影に入ると思います。まだ詳細が決まっていないので、はっきりは申し上げられませんが、多分ドラマの撮影に入ると思います。いい作品で皆さんにご挨拶できたらと思っています。