検索

当店限定販売 Official Goods!!

       
  • TWICE「WhatIsLove」
  •    
  • SUPER JUNIOR REPLAY
  •    
  • ハ・ジウォン5thファンミーティングDVD
  • 韓国再発見 インタビュー記事一覧


※誠に勝手ながら、【2018年5月3日(木)〜6日(日)】の期間、休業日とさせて頂きます。
休業期間中も24時間ご注文を承っておりますが、受注確認メール・お問い合わせへのお返事・ご注文商品の出荷等は、
5月7日(月)より順次行わせて頂きます。


イベント参戦レポート一覧 > イ・サンユン FAN MEETING 2017 in OSAKA

 

2017.11.4(日) 堂島リバーフォーラム(大阪)

ヨロブン アニョハセヨ〜!スタッフAです♡

11/4(土)堂島リバーフォーラムにて行われた

イ・サンユンさんのファンミーティングにお邪魔しました♪

7月に東京で行われたファンミーティングから約3ヶ月ぶり、

大阪でのファンミーティングは今回で3回目だそうです。



上下真っ赤なスーツ姿で登場したサンユンさん!
長身でスタイルのいいサンユンさんによくお似合いです♪
7月に来日してから現在までなんと約1ヶ月半も海外で
充電期間を過ごされていたそうですよ。
お友達と行ったヨーロッパ旅行やスペイン巡礼の道など
旅先で撮影した写真を見せていただきました☆
旅行中はバックパックに同じ服(洗濯はもちろんしていたそうです笑)
ひげも伸びっぱなしで貴重なワイルドサンユンが見られました♪
 

そして話題は公式ホームページにあるプロフィールの特技欄について。

特技にピアノとあるにも関わらず今まで披露されたことがなく、

ついにご本人に真偽を確かめることに!

ピアノのことを初めて問い詰められたらしくすごく動揺するサンユンさん。

実は韓国で新人として活動した時に少しかっこいい人に見せるために

特技の欄にピアノを入れようと
以前の所属事務所の方から提案があったそうです。

今後練習してピアノを披露する姿が見られるのか、

はたまた特技の欄から削除されるのか・・・

次回のファンミーティングをお楽しみに♪(笑)

デビューから10周年を迎えた今年、ご自身で振り返ってみて

どんな10年だったのか人生グラフで振り返っていただきました。

サンユンさんにとってドラマ「愛しのソヨン」との出会いが

とても大きな転機になったそう。

そこから「エンジェルアイズ」や「2度目の二十歳」など

次々人気ドラマに出演されましたよね!

「空港に行く道」の撮影では、若い時の演技より

もっと大人の演技を見せたいという欲が出てしまい、

演技に対しての達成度は下がってしまったものの、

長い海外旅行の間にその欲を捨ててきたそうです。

そして2016KBS演技大賞で3冠獲得したドラマ「空港に行く道」の

胸キュンポイントをランキングで振り返ります☆
 

3位:キーワード「ワイン」

飛行機の中でワインを注文するドウ(イ・サンユン)と

客室乗務員のスア(キム・ハヌル)の指が
絶っ妙〜〜に触れ合うあの名シーンを

抽選で選ばれた超ラッキーなファンの方と再現!

サンユンさんを前に緊張するファンの方を
ステキにエスコートしておられました。

ドラマより積極的に触れ合う姿に客席からは
悲鳴のような叫びが聞こえていましたよ♡



2位:キーワード「会いたい」

『望まない・触らない・別れない』という

二人の約束を破った熱いキスシーンだったのですが、

あまりに過激なため再現は見送られました。(笑)

1位:キーワード「手」

カフェで偶然出会ったドウとスア。

しかしスアは夫のジンソク(シン・ソンロク)と一緒に来ていて・・・。

気付かれないようにすれ違いざまに手を握るドウとスアの
胸が締め付けられるようなシーン。

セリフはなくてもお互いを想いあう姿が印象的でしたよね。

このシーンを再現するためにドラマと同じように
コートを羽織って登場したサンユンさん。

そしてこのシーンには欠かせないスアの夫ジンソク役は

サンユンさんの実際のマネージャーさんが演じることに!

ドラマでは振り返らずにすれ違うはずが、
優しいサンユンさんはファンの方の手を握り、

そのまま引き寄せて胸の中にギュッ!
見ているこちらまで照れちゃいました♡

続いてサンユンさんが衣装チェンジを行っている間に

ファンの方がカメラに向かって愛の告白!

楽屋でサンユンさんも見ているという設定だったのですが

実はサプライズで後ろからバックハグで登場♪

遊び心を忘れないサンユンさんならではの
サプライズに見ているこちらもホッコリ♪

グレーのVネックセーターにジーンズという

ラフな服装に着替えたサンユンさんもすてきです♡

この足の長さがあれば着こなせない服はないのではないでしょうか??



そのあと客席をまわってファンの方からの質問に答えていただきました♪

Q.日本に来る前と今とでは日本に対する印象は変わりましたか?

A.最初は海を渡って来ないといけない外国に来ているという感じでしたが、

今は韓国の地方に来ているようなとても親しい感覚があります。

Q.好きな女性のタイプは?何歳までOK?(笑)

A.歳に制限はありません。優しくて、美しくて、
性格がきれいなすべての女性です。

Q.最後の晩餐では何が食べたいですか?

A.肉です。牛肉、豚肉、鶏肉・・・なんでも食べたいです。


イ・サンユンの抜き打ち味覚テスト〜お肉編〜

高価なお肉と普通のお肉を目隠しして食べて、
どちらが高価か当てるというもの。

最後の晩餐で食べたいものでも「肉!」と
即答していた肉食男子のサンユンさん。

特に豚肉がお好きなんだとか。
じゃあこのクイズは簡単ですよね〜?

〃榮

A:名古屋コーチン or B:ブラジル産鶏肉

「どちらも同じものじゃないですよね?」と疑うほど
味が似たり寄ったりだったそう。

悩み抜いた上に出した答えは<B>
肉王子サンユンの名を守ることはできず不正解・・・。

豚肉

A:沖縄産あぐー豚 or B:アメリカ産豚肉

「鶏肉と同じ肉ですか?」とびっくり発言も飛び出しましたが

先ほどよりは自信があったのか即答で選択したのはまさかの<B>

凡人ランクから『肉の味わかりません』に
格下げされてしまいました・・・。

5軻

A:A5ランク神戸牛 or B:アメリカ産牛肉

食べた後笑いが出るほど余裕を見せておられました!
選んだ答えは<A>

ついに正解し客席のファンの方もホッと一安心!

神戸牛は口に入れた瞬間に溶けてすぐわかったそうですよ。

ぅΕぅ鵐福

A:三田屋本店ポークウインナー or B:スーパーで売っているウインナー

2問間違えてもう後がない元・肉王子サンユンさん。

ソウル大学出身らしく調理時間や調理方法、
水分量など理論的に分析された結果、選んだ答えは<B>
会場は爆笑でしたがサンユンさんは納得がいかない様子。

残念ながら4問中1問しか正解できなかったため罰ゲームとして

『肉の味わかりません』と書かれた紙を持って

キン肉マンさながらの肉マークのシールを額に貼り記念撮影!

貴重な元・肉王子のショットはファンの方にプレゼントされました☆


 

*+:。.。 最後はサンユクさんよりメッセージ 。.。:+*

・今後の活動予定について

まだ具体的に決まっているものはありませんが、

映画のお仕事を前向きに検討していて、

来年の夏ごろにみなさんに紹介できると思います。

ドラマのほうは具体的に話が進んでいるものはありませんが、

いろいろ吟味しながら選んでいるところです。

今年中か来年の初めごろには撮影の準備をしてきたいと思っています。

・ファンミーティングの感想

本当に楽しい時間でした。
特に今日は時間が過ぎるのが早かったような気がします。

コーナーの数が少ないからこのように感じるのでしょうか?

(ヘンセさん:むしろ多かったと思います)

僕の話が長かったからでしょうか?

(ヘンセさん:最初のころに比べてサンユンさんが
とてもリラックスされていて、
楽しいお話をたくさん聞かせてくださいました)

僕は親しくなると自分の心の内を話すタイプなんです。

ということは日本のファンの皆さんと僕が
親しくなっているのかなという気がしています。

実は僕の親しい友人には「話が長すぎるよ!」って
言われるぐらいなんです。

これから皆さんとより親しくなっても僕が話してる時に
「もうそれぐらいにしてください」とは言わないでくださいね。

これからもよろしくお願いします。


 

最後は会場のファンの方と記念撮影し、
なんとサンユンさんからさらに歌のプレゼントが♪

ドラマ「空港に行く道」から『Only You』を披露してくださいました!





---------------------------------------------------------------------

ソウル大学出身という完璧な経歴を持ちながら
少し天然っぽいところもありつつ、

フワ〜っとした優しい笑顔で周りを癒してくれるサンユンさん。

ファンの方の声に丁寧に耳を傾け、
しっかり愛を受け止めてくださる

サンユンさんの優しいお人柄がひしひしと伝わる
すてきなファンミーティングでした。

次回作も大ヒット間違いなし、
どんな姿が見られるか今から楽しみですね♡

 ---------------------------------------------------------------------

☆写真提供:株式会社 A・R・A様
いつもご協力ありがとうございます!