レポート一覧 > ソリュン インタビュー

取材レポート

掲載日:2016/11/30

歌って踊れるイケメントロット歌手
ソリュンにインタビュー

K-POPアーティストのバックダンサーや振付師として活躍し、
幼い頃からの夢を叶えてトロット(演歌)歌手としてデビューしたソリュンさん。
11月12日と21日に南堀江ビレボアで行われた「Iam Seolyoon LIVE!」を前に、韓国再発見へ遊びにきてくれました♪


ソリュン インタビュー

Q:まずは自己紹介をお願いします。

こんにちは。今年の6月にデビューしたトロット歌手のソリュンです。
お会いできて嬉しいです。

Q:ソリュンさんは以前ガールズグループの振付師をされていたとお聞きしましたが、ご自身が振付けを考えた中で一番記憶に残っているダンスを教えてください。

これまでJEWELRYやNine Muses、Dal Shabetなどの振付けを担当してきましたが、
私が一番最初に担当したNine Musesの「チケット」という曲のダンスが最も記憶に残っています。
どのようなダンスかというと、手をヘリコプターのプロペラに見立てて1,2,3,4・・・と回すんです。
それが一番印象深いですね。


Q:トロット歌手になったきっかけは何ですか?

幼い頃両親に連れられてよく演歌歌手のコンサートを見に行っていたんです。
そのコンサートを見ている両親の顔がとても幸せそうで、自分もトロット歌手になったらすごく喜んでくれるだろうなあと思いました。
自分自身も今流行っている曲よりトロットのほうが合っている気がして、トロット歌手になろうと決めました。

Q:以前ライブでチェッカーズの「ジュリアに傷心」をカバーされていましたが、次はどんな曲をカバーしてみたいですか?

チェッカーズはどちらかというとアイドル歌手だと聞きました。
なので次は演歌歌手の方をカバーしてみたくて美空ひばりさんの「愛燦々」を練習しています。

Q:12日に大阪で開催されたライブの感想を教えてください。

まずはたくさんの方が来てくださって本当にありがたかったです。
大阪のファンの方々は毎回真剣に歌を聴いてくださるので、私ももっと熱心に練習して良い姿を見ていただけるように努力していきたいです。
また大阪に来られるように、ソウルへ帰って力をつけたいです。

Q:大阪でおいしいものは召し上がられましたか?

大阪で一番有名なお好み焼きや、私が一番好きなラーメンも食べました。
行く先々でいろいろなものを食べましたが、その中でもやはりラーメンが一番おいしかったですね(笑)

Q:来月はクリスマスですが、どんなデートをしてみたいですか?

大阪にまた来たいです(笑)
外の景色を見ても道や街並みが本当にきれいですよね。
なので大阪の街を手をつないで歩きたいです。
・・・その前に彼女ができればいいですが(笑)

Q:今年はソリュンさんにとってどんな一年でしたか?

今年は私にとって生まれ変わった年だったと思います。
6月に韓国でデビューしたあと、いい機会に恵まれてこうして日本でも活動することができたので、
私にとって「誕生」という言葉が一番ふさわしいと思います。


Q:来年の目標があれば教えてください。

機会があればもっと大阪で有名になって、日本全体でも私の名前が知られるようになればいいと思います。
そのためにもみなさんの愛と応援をお願いします♡

Q:ファンのみなさんにメッセージをお願いします。

こんにちは。6月にデビューした新人のトロット歌手、ソリュンです。
今は日本で活動中ですが、韓国でも活躍できるように努力して、ファンの皆さんに寄り添えるように頑張ります。
これからも沢山の関心と愛をお願いします♡